正社員の魅力を紹介

正社員は知識よりもまず会話の能力を磨け

非正規雇用の問題が叫ばれて久しい昨今、景気対策に政治家たちは奔走中ですが、なかなか目覚ましい効果というのは実感できないのが現実です。そんな時代の中で幸運にも内定を勝ち取り、晴れて正社員として働くことができるようになった社会人の方は、ほっと胸をなでおろしたいところでしょう。しかしながら、激動の時代の中で一息の安心は最大の油断とも言えます。多くの企業は現代、即戦力を求めています。正社員の好待遇にあぐらをかいていると、非正規で雇われた働き者に仕事を奪われ、最悪の場合立場が逆転してしまう可能性も否めません。
肩書で差をつけるのはあまり好ましいことではありませんが、やはり正社員は正社員として胸を張れる社会人になる必要があります。では、どのような能力があれば、一目置かれる正社員として認められるでしょうか。それはずばり会話のスキルです。ほとんどのコミュニケーションは他人との会話によって成り立ちます。どんなに勉強熱心で物事を知っていても、それをうまく伝えられる能力がなければ、その知識は宝の持ち腐れになってしまいます。知識やマナーだけを増やすのではなく、円滑なコミュニケーションのための会話の技術を上げることが大切です。しかし、こればかりはすぐに上達するものではありませんし、それまでに歩んできた中での自身の個性が悪い方に影響する場合があります。能力を挙げる一番の近道は、恥を覚悟で積極的に自分の意見をぶつけることです。取引先が相手では会社にとって不利益になる可能性がありますので、自分の上司や同僚たちと進んで会話をするようにしましょう。一時的に嫌われたり、煙たがられたりするかもしれません。しかし、その小さな積み重ねが本番の取引で大きな威力を発揮します。