正社員の魅力を紹介

最新の科学知識があれば、翻訳の正社員になりやすい

翻訳の仕事は需要があります。正社員の募集も多いです。地方では少ないところが多いですが、大阪や東京だったら、見つけやすい傾向にあります。ただし、翻訳といっても産業翻訳の仕事です。小説を訳す仕事の需要は極端に少なくなっています。産業の翻訳をする時に一番大切になるのは、英語の力です。英文を素早く読んで、その意味を確実に理解しなければなりません。それから日本語の力も大切になります。英訳の仕事だったら日本文を正確に読み取る力、和訳だったら、英文を分かりやすい日本語に訳す力です。さらにもう一つ大切なことがあります。それは最新のテクノロジーに詳しいことです。
この仕事にはいろいろな分野があります。例えば、コンピューターだったら、ソフトを訳す仕事があります。そのような仕事をするときは、コンピューターの知識だけでなく、最新のソフトの知識がなければ、正確な訳文を作ることはできません。
この仕事をしたい人は文系の方が多いですが、文系の方だったら、科学技術について一通り勉強する必要があります。基本的な参考書を買ってきて、それを何回も読んで頭の中に入れるようにしましょう。
基本的には、産業翻訳は理系の方に向いています。自分が大学で専攻した分野の翻訳をするのが一番確実な方法です。理系の方は英語力が劣っている場合があります。これは致命的な弱点になるので、英語力を強化してから、正社員の仕事に応募しましょう。具体的には多読をするのが適しています。いろいろ種類の英文を多く読むことで、英語力を向上させるのです。
翻訳の仕事の場合は腕が上がれば、自宅勤務になることが多いです。それまでは会社で訳者としての経験を積むようにします。