正社員の魅力を紹介

商社や経営コンサルタント会社に正社員として入社

商社や経営コンサルタント会社に正社員として採用されたかったら、難関大学に入らなければなりません。とても人気がある業界なので、難関大学を卒業していないと、書類選考すら通るのが難しいからです。
難関大学では貿易や経営に関する有名な教授のゼミに入ると良いです。ゼミで優秀な成績を残し、中心的な役割を担えば、商社や経営コンサルタント会社に入りやすくなります。教授による推薦や商社や経営コンサルタント会社に入った先輩に推薦してもらえば、入社しやすくなります。
難関資格を取っておくか、サークルや体育会で優秀な成績を残しておくことも大切です。大学の学業以外のことにおいても、優れていることを証明することが大切です。これらの業界は頭が良いだけではなく、体力や行動力があり、リーダーシップが取れて、物事をやり遂げられることが求められるからです。ただ、頑張っただけではなく、目立つ活躍をすることが重要です。
英会話力も高めておかなければなりません。どちらも高い英会話力がいる業界です。商社はさらに中国語などの他の言語も身に付けておいた方が良いです。英語は皆が出来るので、ライバルに差をつけるには、もう1つの言語が必要なのです。資格などで実力を証明することも大切ですし、留学などにより、実践力を高めておくことも大切です。
早くから就職対策を始め、様々な準備をしておかなければなりません。やることが多くて大変ですが、全てにおいて良い結果が出せるようにしましょう。優秀な人しか採用されないので、自分がいかに優秀な人であるかを見せ付ける必要があるのです。自信と信念と覚悟を持ち、信じた道を進むための努力を惜しまないことが大切です。最後は運も重要です。