正社員の魅力を紹介

ずっと正社員になれないとどうなる?

ずっと正社員になれないとどうなるかというと、ケースバイケースですが、人生で稼げる総収入額が低くなるという点では共通しているかもしれません。

厚生労働省が発表している平均賃金を見てみると、20代前半の人の平均賃金は、正社員の人で20万円程度、非正規社員の人で18万円程度になっています。残業代などの手当ては含まないので、実際にはもっと多いです。若いうちには、それほどの差はついていないことがわかります。

ところが、40代の後半くらいになると、平均賃金は正社員の人で40万円程度、非正規社員の人で20万円程度になっています。正社員の人は新入社員のときよりも2倍以上の賃金をもらう傾向があるのに対して、非正規社員の人は、年齢を重ねても給料はあまり増えない傾向があるということです。

このデータから、ずっと正社員になれないと、給料はずっと上がらないままということになります。しかし、派遣で働いている人の中には、正社員よりも高い給料をもらっている人もいます。派遣社員でも、専門職・技術職に就いていて、スキルがないとできないような仕事をしている人は、高い給料をもらえる傾向があります。そのため、一概に非正規社員では高い給料がもらえないと言うのは間違いです。

現在の日本では、正社員がとても優遇されている状態なので、まだチャンスがある若い人は、なるべく早い段階で正社員になることがおすすめです。もちろん、経営者になって会社を興したり、個人事業主として働くという道もあり、その道で成功をしている人もいるので、必ずしも会社で働くことが正解と言うわけでもありません。また、日本の制度が変わっていく可能性もあるので、非正規で働く人にもチャンスが与えられる時代が来る可能性もあります。